新時代日越深経済協力

10:17 | 19/04/2014

N&G Corp317日の午後、日本東京では チュオン·タン·サン主席は企業団と一緒にベトナム商工会議所(VCCI)、日本商工会議所(JCCI)及び日本貿易振興機構が共催した日本・ベトナムビジネスフォーラムに参加した。

フォーラムにおいては、ベトナム・日本のトップの企業は協力チャンスについてお互いに相談しており、特に2009年からの40年間戦略的協力関係を樹立してから、日越関係はどんどん順調に続き、多くの分野では活気的に開発している。

日本はベトナム・日本経済開発潜在を強調した。そして、ベトナムは裾野産業、ハイテク農業、ニーズにまだ対応できない人材開発、海外に進出振興を中心にしてお互いに協力する必要があるとアドバイスした。ベトナムの経済魅力を高く評価し、今後から多くの日系企業はベトナムに進出し続けるのを確定した。在ベトナム70%生産中日系企業は生産規模を広げたいし、人材ニース、資金及びマーケットも必要となる。日本側は計画投資省、VCCI、ハノイ人民委員会、HANSIBAと協力して、ハノイに進出する予定がある日系企業に対する調査を行い、行政手続きが複雑、調達率が低い、インフラが同期していない、政策が早変わり等のような日系企業に対する困難のコンサルタント活動を行うのを確定する。裾野産業及びハイテク農業はベトナム経済のキーになり、インフラ及び資金はロックになる。

日本と同じように、ベトナムは経済開発を重視しており、特に両国の裾野産業開発のことである。ベトナムは両国の企業の困難解決政策、各企業の活動についての意見を喜んで聞き取る。

チュオン·タン·サンベトナム社会主義共和国主席はベトナム・日本の包括的な協力及び両国の多面の類似を強調した。将来の両国の経済発展展望、2020年まで両国の双方向貿易売上高を50億ドルに上げるようにお互いに努力するのを述べた。

ベトナム・日本企業のメリットを直接に対応するため、重要な分野に対するベトナム向けODA資金を増加するのを日本にお願いした。特には裾野産業開発、ハイテク農業開発協力プログラムである。その理由で、この内容に関しては2014年度はJICAJBICは詳細な協力プログラムを設立するのをお願いした。ベトナムに進出する日本投資家の要求に対応するようにベトナム政府は工農業、経済政策見直し及び改善をする予定がある。100%のベトナムに進出済み、進出中日系企業は経営規模を広げる予定を実施するように努力する。

 2014317日東京日本・ベトナムビジネスフォーラムではチュオン·タン·サン出席が発表した様子

 

2014317日東京日本・ベトナムビジネスフォーラムではチュオン·タン·サン出席はVCCIJCCIの協力協定書サインセレモニー目撃した様子。

チュオン·タン·サン出席はVCCIJCCIの協力協定書サインセレモニー目撃した様子

 

 2014317日東京ビジネスフォーラムではVCCI出席、計画投資省はフォーラム委員長として企業からの質問を対応する様子

 最終は200日系企業及び約75ベトナム企業との面談会を行った。製造業種に分け、協力チャンスを詳しく分かち合った。今回のフォーラムに出席した企業幹部、当局者の評価通りHanssipは専門裾野産業工業団地で、投資家からの大きいな関心を受け取り、日系企業の希望に達成する新優遇政策を生み出す。

 

 2014317日東京ビジネスフォーラムではHansiba N&Gcorp幹部は各省のリーダーと一緒に記念写真と撮った。

日本政府及びベトナム社会主義共和国の関心、高評価はHANSIBAをはじめ、ベトナム裾野産業に対する大きいな役割を果たす。両国の協力協定書サインセレモニーを目撃したようにハノイ裾野産業企業協会は日系企業との関係を順調に築き続けるのを約束した。

 

作成者:ファム・グオク・テウン./部門経営・国際協力

 

 

 

 

 

 

 

 

DOJI Gold & Gems Group
Hanel Limited Company
VIETNAM CHAMBER OF COMMERCE AND INDUSTRY
General Production
TienPhong Bank
NIKKEN SEKKEI LTD