裾野産業企業協会 ― HANSIBA, ベトナム裾野産業に対する使命

10:18 | 19/04/2014

 N&G Corp2014320HANSIBA代表団は在福岡県ベトナム総領事館に訪問、面談会を開催した。こちらでは、HANSIBA会長グエン・ホアンさんはハノイ裾野産業企業協会HANSIBA及びベトナム裾野産業をはじめHANSIBAのメンバーに対する使命について紹介した。

HANSIBA会長は在福岡県ベトナム総領事館と記念写真と撮った。

HANSIBAの方針は川崎県、大阪県、福岡県などの重点な裾野産業セクションにある各企業、組織との協力機会を探してほしい。詳しく言えば、日系企業を誘致し、ハノイ地区に投資するようにして頂くまたはHANSIBAメンバーと協力して頂くするため、福岡県における中小企業との面談会、商談会を行なっていた。

総領事館の代表者ブイ・クオク・タン様はベトナムとの開拓してない協力機会について紹介した。良い地理位置、便利な海交通、高度経済成長などの有利点により、中国とタイはもう40年以上日本中小企業と協力できている。全面的協力主張に基づき、現在日系企業が対ベトナム投資を拡大している。ベトナム裾野産業は日本の九州で機会が見つかると予想された。九州には7県と沖縄島があり、年ごとのGDPが約2600億米ドルである。

この数年前、福岡市はハノイ市との開発協力協定書を締結した。これは両市が裾野産業開発をはじめ 経済開発に協力するための重要な前提である。今後から日本の中小企業をさらに誘致するため、総領事館は現地の全ての力を集め、関係機関及び経済組織の協力を呼びかけるのを約束しました。

 

作成者:ファム・グオク・テウン - 経営・国際協力部門

 

DOJI Gold & Gems Group
Hanel Limited Company
VIETNAM CHAMBER OF COMMERCE AND INDUSTRY
General Production
TienPhong Bank
NIKKEN SEKKEI LTD